診療ご案内

葉山皮膚科へようこそ(メディスタイルグループ理事長より)

葉山皮膚科・アレルギー科。葉山町の葉山皮膚科・アレルギー科

皮膚は人体最大の臓器と言われます。
皮膚は人体を外界の色々な刺激から守るバリアであり、自分の体が自分の体であると認識できる感覚器でもあります。
自分の目で異常が分かる皮膚をしっかりメンテナンスして、良い状態に保つことは自分の体を守る第一歩です。

院長の中園は、患者様目線で皮膚のケアを考え、病気の状態を捉えます。
出産・育児に奮闘する母でもあり、赤ちゃんの皮膚ケアにも毎日工夫を凝らしています。
密かな趣味(?)は日焼け止めの塗り分け。
思わず見とれる美肌の持ち主。

メディスタイルグループ
理事長 徳永淳二、副理事長 徳永理恵

当院では、一般的な皮膚疾患の治療を行っています

葉山皮膚科・アレルギー科。葉山町の葉山皮膚科・アレルギー科

アトピー性皮膚炎や乾燥肌の痒み、じんましんなどの症状で定期的に通院されている方が多くいらっしゃいます。
また、子育て世代の多い地域柄、お子さんのあせもやかぶれ、とびひ、乳児湿疹などで受診される方も多いです。
成人では足白癬・爪白癬なども大変多い疾患です。気になる症状がある方は、早めの受診をおすすめします。

にきび

葉山皮膚科・アレルギー科。葉山町の葉山皮膚科・アレルギー科

10代・20代の若い世代の方は、にきびの相談で受診される方が多いです。
にきび痕を残さないためにも、早めに受診し、しっかり治療を継続することが大切です。

たこ・水いぼ

葉山皮膚科・アレルギー科。葉山町の葉山皮膚科・アレルギー科

たこ(胼胝)や魚の目(鶏眼)の痛みで受診された方には、角質を削る処置を行っています。
お子さんの水いぼ(軟属腫)の治療では、痛みのない処置を行うため、事前に麻酔の貼布薬を貼ってきてもらう方法を推奨しています。

足のイボ・虫刺され・クラゲ刺され

葉山皮膚科・アレルギー科。葉山町の葉山皮膚科・アレルギー科

足のイボ(疣贅)に対する液体窒素療法も行っております。
逗子・葉山という自然に囲まれたなかでの診療ですので、夏は虫刺されやクラゲ刺されでいらっしゃる患者さんがとても多く、地域性を感じています。刺された場所の症状が強くて辛い場合は、外用薬・内服薬で対処できますので、我慢せずに受診していただけたらと思います。

シミ(老人性色素斑)

葉山皮膚科・アレルギー科。葉山町の葉山皮膚科・アレルギー科

紫外線の強い地域ですので、男女問わずシミ(老人性色素斑)のご相談が多いです。
シミ取りなどの美容の治療は、自費診療となります。
当院では、老人性色素斑(シミ)、ほくろを除去するレーザー治療が可能です。
価格は治療対象部位のサイズによります。治療をご希望の方には、症状を見せていただいてから、適切な治療方法のご提案をさせていだたきます。
当院にはピンポイントのシミを取るレーザーはございますが、お顔全体のお悩みの相談が多いので、全体的に美しくなりたいご相談の場合は逗子メディスタイルクリニックへ紹介して連携をはかっています。